アーバンデータチャレンジ 2022 with 土木学会インフラデータチャレンジ2022 中間シンポジウムの参加募集を開始しました


アーバンデータチャレンジ2022中間シンポジウム 参加申込みページ (Peatix)


タイトル
アーバンデータチャレンジ 2022 with 土木学会インフラデータチャレンジ2022 中間シンポジウム
「地域の伝統文化とICTの掛け合わせで広がる アーバンデータチャレンジ2022@岐阜 with 土木学会インフラデータチャレンジ2022」
日時 2022年11月25日(金)13:00~17:00
場所

岐阜大垣ソフトピアジャパン ソフトピアセンタービル 12階 レセプションルーム
〒503-0006 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7


現地会場は会場収容人数の制限(42名)がございます。希望多数の場合、実行委員および地域拠点コーディネータの方々が優先となりますのでご了承ください。現地参加に定員の余裕がある場合、一般の方も参加可能です。

配信URL

当日はYouTubeでのインターネット中継を予定しています。

主催

【第1部:地域の伝統文化とICTの掛け合わせで広がるアーバンデータチャレンジ】

司会:UDC事務局

13:00-13:05

開始

13:05-13:15

開会挨拶


アーバンデータチャレンジ2022岐阜ブロック 拠点コーディネーター
CODE for GIFU 代表
天川伊織

13:15-13:30

アーバンデータチャレンジ2022について


東京大学空間情報科学研究センター 教授
東京大学デジタル空間社会連携研究機構 機構長
一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID) 代表理事
土木学会土木情報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究」小委員会委員長
関本義秀

13:30-13:45

土木学会インフラデータチャレンジ2022の紹介


土木学会土木情報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究」小委員会
榎本真美様

13:45-14:15

基調講演「みんなで取り組むデジタルアーカイブ:文化財・伝統文化の3D記録を中心に」


金沢大学古代文明・文化資源学研究所・客員研究員
モバイルスキャン協会・理事
野口 淳様

14:15-14:25

岐阜拠点より活動報告
CODE for GIFU 副代表
横井武志

14:25-14:55

岐阜拠点講演「ICTを活用した観光まちづくり」


名古屋大学 大学院情報学研究科/情報学部 人間・社会情報学科 准教授
浦田 真由様

14:55-15:15 (休憩20分)
15:15-15:45

岐阜拠点講演「美濃焼とICT セラミックバレー(仮)」
(オンラインにてご講演いただきます)

株式会社井澤コーポレーシション
井澤 秀哉様

 

【第2部:地域拠点の活動-デジタルコミュニティ形成のための取組事例】

司会:UDC事務局

15:45-16:45

地域拠点コーディネーターより活動報告 各10分程度✕参加希望団体

16:45-16:55

アーバンデータチャレンジ2022 withインフラデータチャレンジ2022 作品応募要領説明


UDC事務局

16:55-17:00

閉会挨拶


東京大学空間情報科学研究センター 教授
デジタル空間社会連携研究機構 機構長
関本 義秀

17:00

終了

※内容や時間帯は急の事態等で変更になることがあります。予めご了承下さい。


ご注意

  • ※ 参加費:無料
  • ※ 会場には無線LANがありませんので必要な場合は各自手配をお願いします。
  • ※ お申込以外のお問合せにつきましては、下記事務局までお願いいたします。
  • Mail; アーバンデータチャレンジ事務局:udc-office[at]aigid.jp ※ (at) は @ に置き換えて下さい。
    (キャンセルされる場合は、その旨ご連絡よろしくお願いいたします。)
  • ※ 「お申し込みページ」にアクセスできない場合は、以下の事項を記載のうえ事務局にメールをお送りください。
    • お名前:
    • フリガナ:
    • ご所属:
    • メールアドレス:
  • ※翌日の中間シンポジウムはUDC拠点ネットワーク会議については拠点コーディネーター向けに別途ご案内予定です。

※ 関連URL

[`evernote` not found]
Pocket