アーバンデータチャレンジ2018 中間シンポジウム資料


日時 平成30年10月26日(金) 13:00~18:00 (12:30より受付)
場所 塩尻市市民交流センター(えんぱーく) 3階 多目的ホール
主催

【第1部:長野における取り組み】資料

UDC2018の紹介

東京大学生産技術研究所准教授(一社AIGID 代表理事)
関本 義秀
            
講演

センサーネットワークを用いた安全・安心な地域創り -データは人を作り育てる-

信州大学工学部教授/総合情報センター長
不破 泰氏
            
講演

塩尻市におけるオープンデータの取り組み

塩尻市企画政策部参事
金子 春雄氏
            
講演

長野市GIS活用と豊野いいとこマップ

豊野マップの会
藤澤けさ子氏、清水厚子氏、後藤つか沙氏
            


【第2部:UDC2018地域拠点PRと活動報告】資料

LT

神奈川ブロック

伊藤侑果(Code for Yokosuka)
            
LT

石川ブロック

福島健一郎(コード・フォー・カナザワ)
            
LT

静岡ブロック

伊藤允彦(しずおかオープンデータ推進協議会)
            
LT

佐賀ブロック

藤瀬裕一(Code for Saga)
            
LT

埼玉ブロック

古田武士(Code for SAITAMA)
            
LT

富山ブロック

冨成敬之(コード・フォー・トヤマシティ)
            
LT

岐阜ブロック

石井哲治(CODE for GIFU)
            
LT

沖縄ブロック

山田貴子(沖縄オープンラボラトリ)・儀武勝希
            
LT

新潟ブロック

大塚晃(事業創造大学院大学)
            
Pocket