アーバンデータチャレンジ2015作品資料

1次通過作品の資料を掲載しています

まとめ資料

審査結果・講評

  • UDC2015審査結果・講評
  • 1次通過作品資料

    アプリケーション部門
    【金賞/特別賞】北海道統計データ閲覧ツールseseki
    作品名 北海道統計データ閲覧ツールseseki
    部門賞/特別賞 金賞/オープンガバメント推進協議会賞 銅賞
    作品概要 北海道の各市町村で集計される統計データをヒートマップ等で容易に閲覧可能にするツール。観光客の統計データや農産物の統計データなど、分野を超えた様々なデータセットをもとにヒートマップ、ランキングを作成できる。 実際のデータを用いた本ツールの多数の利用例をサンプルとして提供する。
    発表資料
    【銀賞/特別賞】大津祭曳山ストーリーテラー
    作品名 大津祭曳山ストーリーテラー
    部門賞/特別賞 銀賞/オープンガバメント推進協議会賞 金賞
    作品概要  このアプリは大津祭をより楽しむことを目的に開発されました。アプリを起動しておくと、近付いてきた曳山(に搭載されたビーコン)を検知して曳山の情報を見ることができます。  大津祭の曳山は全部で13あり、それぞれに違うからくりが搭載されています。からくりを披露することを所望といいますが、所望にはそれぞれ故事にちなんだストーリーがあります。そのストーリーが地元のひとにさえあまり知られていない、ということを知り、今見ているからくりに秘められたストーリーを知ることができたらもっと大津祭りを楽しめるのではないかというアイデアから本アプリが誕生しました。
    発表資料
    【銅賞】マプコXD 〜マップでつなぐ、地域コミュニケーション!〜
    作品名 マプコXD 〜マップでつなぐ、地域コミュニケーション!〜
    部門賞/特別賞 銅賞/-
    作品概要 マプコXDは地図上にアイコンを設置して街の情報を発信するとともに、地図上に声コメントを投稿して地域のコミュニケーションを促進するためのWebアプリケーションです。
    発表資料
    誰でも簡単にモバイルスタンプラリーがつくれるサービス「RALLY」
    作品名 誰でも簡単にモバイルスタンプラリーがつくれるサービス「RALLY」
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 RALLYは、誰でも簡単にモバイルスタンプラリーをつくれるサービスです。対象となるスポットの情報を入力するだけで、GPSまたはQRコードでのスタンプに対応したモバイルスタンプラリーを誰でも簡単に作ることができます。 https://rallyapp.jp/
    発表資料
    【特別賞】高精度エリアレポーティングサービスSpaada(スパーダ)
    作品名 高精度エリアレポーティングサービスSpaada(スパーダ)
    部門賞/特別賞 -/水戸市長特別賞 アプリケーション部門
    作品概要 Spaada(スパーダ)は 将来の人口推計をはじめ、「見たい場所」の「見たい情報」を即座にわかりやすく確認することができるサービスです。 自治体のオープンデータを活用し、建物単位・50mメッシュ単位のミクロな地理情報データ(人口統計等)を作成し、スケールフリーで再集計・ 可視化・分析することが可能です。
    発表資料
    picon
    作品名 picon
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 I Wish This Was http://candychang.com/i-wish-this-was/ をクラウド化しました。空家の利活用のアイデアを書き込んだQRコード付きのステッカーを貼り付け、その空家について詳しいローカルの人々と、自由な発想を持つインターネットの人々とをクラウドサービスで結びつけることで、空家のニーズとシーズのマッチングを行います。
    発表資料
    データ・可視化部門
    ひのハートフルプロジェクト
    作品名 ひのハートフルプロジェクト
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 車いすの方の心のバリアを解決〜そのために必要な情報の収集・更新の仕組み子育て世代と障害を持つ方が共有できる形で作る
    発表資料
    新編武蔵風土記稿・村名データ
    作品名 新編武蔵風土記稿・村名データ
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 江戸時代後期に編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』には武蔵国の自然や歴史、名所旧跡等について網羅的に記載されており、地域の歴史を紐解く上で貴重な資料です。『新編武蔵風土記稿』に記載された村々について、現代の地名を比定し、その緯度経度、国会図書館デジタルコレクションにおける該当ページのURL等を対応付けたデータセットを作成します。
    発表資料
    【銀賞】さすけね降雪情報登録システム
    作品名 さすけね降雪情報登録システム
    部門賞/特別賞 銀賞/-
    作品概要 ・電話が一本で、24時間、誰でも自分のエリアの雪の情報を登録できます。 – Twilioの自動応対の仕組みを使い、郵便番号を入力することで自分のエリアの状況を即座に登録できます。パソコンやスマフォでは難しすぎるというお年寄りでも利用可能です。 http://hacklog.jp/works/3300
    発表資料
    会津若松市公園設備のオープンデータ化
    作品名 会津若松市公園設備のオープンデータ化
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 会津若松市で保有する基本データセットを元に、市内の街区公園、都市緑地をフィールドワークし、公園内の全ての設備の「1.位置情報」「2.設備の写真」を収集。収集結果をオープンデータ化した。本データの特徴は3点、1.設備の写真を「Mapillary」というクラウドサービスを用いて、CC−BY−SA4.0で公開し、誰でも参照修正できること。2.公園のオープンデータには低緯度経度、高緯度経度の4点情報を保有させており、4点を結んだ長方形内の設備を検索しやすいようにしていること。3.全てOpenStreetMapに情報を入力していること。
    発表資料
    【金賞】交通量計測器TRAPO
    作品名 交通量計測器TRAPO
    部門賞/特別賞 金賞/-
    作品概要 センサーやカメラ画像を用いた交通量計測器を安価かつ軽量に設計製作し、一関市内の橋を通行する車、人の量を計測する。今後は老朽化していく橋の修繕計画の基礎データ等に活用可能である。
    発表資料
    アイデア部門
    【特別賞】室蘭百名坂
    作品名 室蘭百名坂
    部門賞/特別賞 -/オープンガバメント推進協議会賞 銀賞
    作品概要 室蘭には坂道が多く生活する住民にとっては敵だが、観光客・遊びに来る人にとっては遊び場所になるのではないだろうか?そこで、坂を楽しむスマホアプリのアイデアを検討した。
    発表資料
    【銀賞】tenbin
    作品名 tenbin
    部門賞/特別賞 銀賞/-
    作品概要 オープンデータは公開されていても文字の羅列では情報を読み取るのは難しい。また、自分の街の情報のみではその特徴は見えてきません。このコンテンツは、直感的に2つの街を比較することで、自分の街をより深く知ることができます。
    発表資料
    カナザワ・キルコレ
    作品名 カナザワ・キルコレ
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 観光施設に定点カメラを設置し、画像処理により映った人物の服の形状や色をデータ化して記録。集まった服飾データと気象データを紐付けることにより、観光施設や旅行の日程を入力すると、持っていく服の色や形状、枚数などについて助言をしてくれる。
    発表資料
    FMAIKO〜松江歴史あつめ〜
    作品名 FMAIKO〜松江歴史あつめ〜
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 観光客や島根大学の卒業生が県外に行っても松江市の良さを伝えられるようなアプリのアイデア。歴史情報のオープンデータを基にしたクイズで松江市の歴史・観光名所の知識を深めてもらい、実際に観光もしてもらう狙い。
    発表資料
    【金賞】陣痛ダイアリーによる男女共同参画社会をめざすKODOプロジェクト
    作品名 陣痛ダイアリーによる男女共同参画社会をめざすKODOプロジェクト
    部門賞/特別賞 金賞/-
    作品概要 マタニティの身体からは陣痛という”声なき声”が聞こえてくる.それがKODOである.マタニティの身体の変調を記録してクラウド環境で,パートナー・家族・医療者と共有して,新しい命を産むためのサポートをした.
    発表資料
    農業生産物の選択の幅を広げるNober(農場)
    作品名 農業生産物の選択の幅を広げるNober(農場)
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 農業生産物の選択の幅を広げるNoberの実現性について、トマトに焦点を絞った検討です。品種名を核とした各種データの紐付けは生産者、消費者、等各ステーキホルダ間のマッチングに有効であることが分った.一方データについては生産、流通、消費の各段階において、品種名の記載への認識について温度差があること及びオープン性に違いがあることを実用化への課題として把握した。
    発表資料
    ソリューション部門
    BODIKODCS
    作品名 BODIKODCS
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 小規模な自治体では、オープンデータ担当部署を設けることが難しく、予算を取ることも難しいため、なかなか取り組みを始めることができない。BODIK ODCSではそのような自治体に無償のオープンデータカタログサイトを提供する。
    発表資料
    【部門賞】写真で紐解くたまがわ
    作品名 写真で紐解くたまがわ
    部門賞/特別賞 部門賞/-
    作品概要 まちの昔の風景が映し出された個人所有の古写真は、地域の歴史を紐解く貴重な文化資産なのですが、引っ越しや相続などをきっかけに処分されてしまうことが多々あります。 「写真で紐解くたまがわ」では、二子玉川周辺の地域古写真を公共財として「デジタル・アーカイブ」化し、次世代に継承するとともに、様々な用途での利活用を同時に進めています。
    発表資料
    自由なOpenStreetMapでハザードマップを作成してみました。
    作品名 自由なOpenStreetMapでハザードマップを作成してみました。
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 自由に改変・配布できるハザードマップを誰でも自分の手で作成できることを示すため、自由な地図であるOpenStreetMapのデータを整備し、FLOSSのQGISを使ってハザードマップを作成してみました。
    発表資料
    PUSH大阪&PUSH広報
    作品名 PUSH大阪&PUSH広報
    部門賞/特別賞 -/-
    作品概要 自治体HPで配信される新着情報(RSS)を収集・分析し,市民のニーズに合わせて配信するサービスです.収集した情報を蓄積したDBを用いることで,地域毎に配信されている情報の分析を行うこともできます.
    発表資料
    【部門賞】会津若松市空間位置情報付き写真データの整備と普及
    作品名 会津若松市空間位置情報付き写真データの整備と普及
    部門賞/特別賞 部門賞/-
    作品概要 私たちJOSM勉強会は、会津若松市、福島県の空間位置情報付き写真をオープンデータとして共有する活動を推進してきました。空間位置情報付き写真を市民自らが共有することの有益性、それらの写真がオープンデータ全般と連携できる可能性に着目し、世界規模の空間位置情報付き写真共有サイトMapillary(マピラリー)を活用して、会津若松市内の写真データの整備、蓄積と公開を行ってきました。
    発表資料
    Pocket