【連携機関】国立国会図書館 「震災記録のポータルサイト ~使ってみよう東日本大震災アーカイブ」

国立国会図書館は、防災推進国民大会2018にて標記セッションを開催します。
日時 平成30年10月14日(日)10:00~11:30
場所 東京ビッグサイト会議棟7階701・702会議室
参加費 無料

プログラム

◆事例報告

「ひなぎくと地域防災Webの連携による震災アーカイブ利活用モデルの 構築を目指して」 三浦 伸也氏
「一日前プロジェクトの報告」 池上 三喜子氏
(公益財団法人市民防災研究所 理事・特別研究員)
「何をアーカイブス化し、どう公開すべきか」 清水 弘明氏
(NHK知財センターアーカイブス部 副部長)
「震災の記録と教訓を伝えるために ~国立国会図書館東日本大震災アーカイブ (ひなぎく)~」 伊東 敦子(国立国会図書館電子情報部 主任司書)

◆トークセッション

「震災記録を残すこと~これまでの災害の教訓や経験を知る~」 モデレータ: 柴山 明寛氏(東北大学災害科学国際研究所 准教授)
パネリスト: 事例報告者全員

お申込みフォーム

https://www.ndl.go.jp/form/jp/event/events/apply_bosaikokutai2018.html

詳細ホームページ

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/bosaikokutai2018.html
Pocket