アーバンデータチャレンジ2018 特別賞募集要項

 一般社団法人社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)は、平成25年度から、地域課題の解決を目的とした地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテスト「アーバンデータチャレンジ(UDC)」を実施し、コンテストに向けたディスカッションやオープンデータを用いた地域課題解決の事例報告等のワークショップを行ってまいりました。平成29年度には、中核となって活動頂ける40の地域に拠点として参画頂き日本各地で延べ90回以上活動し、コンテストにはアイデア・データ・アプリケーション・アクティビティの各部門計232作品(92組織から)の応募がありました。
 今年度、アーバンデータチャレンジ2018(UDC2018)で実施するコンテストにおいて、UDC実行委員会が設定する各部門(アプリケーション、アイデア等)とは別に、応募される作品の中から独自の視点で優れた作品を選出して表彰頂く、特別賞を募集いたします。
応募資格 地理空間情報を中心とする社会基盤情報の流通促進や、データを活用した地域課題の解決に関心をお持ちの団体であること。UDCの地域拠点となって頂いている団体でなくても構いません。
応募方法 下記の必要事項をメールにて事務局までご連絡ください。
  • ① 賞の名前(例:○○市特別賞)
  • ② 賞の趣旨 ※受賞作品を選定するにあたっての視点や求める作品
  • ③ 賞の種類と内容 ※賞の設定区分や副賞の内容(例:金賞、銀賞等)
応募締切 平成31年1月26日(土)
 ※応募の連絡を頂き事務局による内容の確認ができたものから順次、コンテスト全体の募集要項(9月末公開予定)に反映します。早めのご応募をお勧めします。
注意点 賞金・副賞等は貴団体にてご負担願います。
応募先 アーバンデータチャレンジ実行委員会事務局 udc-office@aigid.jp

※参考:UDC2017の特別賞の例

日野市賞
オープンガバメント推進協議会賞
土木学会 土木情報学特別賞
Pocket