【和歌山ブロック】熊野郷土学A ~郷土学からの地域振興~ 地域情報を発信。LocalWiki、OSM地図で街を編集。 (UDC2017連携)

開催日時・場所 2017/8/5 新宮市街地、新宮信用金庫5階会議室
主催・共催・後援など 主催:和歌山大学 南紀熊野サテライト
後援:上仲輝幸(UDC和歌山実行委員会・紀伊民報)
参加者数(スタッフ込み) 37名(和歌山大学教職員8名、和歌山大学生4名、受講生25名(近隣住民、高校生)
当日の様子(活動の流れ) 午前中に、地域ガイド、大学教員と共に参加者等が世界遺産と南紀熊野ジオパークエリアである新宮市内の史跡や名勝を巡り、記事を収集。その後、午後から新宮信用金庫5階の授業会場にてLocalWikiとOSM記事を作成する演習を実施した。作業に慣れない社会人受講生や高校生受講生に、経験のある大学生らがサポートしながら各自作成した。その後、皆で作成したページの報告会を開催した。授業実施終了後も継続して市民が記事を記載する活動を継続している。
当日の様子
当日の様子
Pocket