【滋賀ブロック】データビジュアライズマッピング in Otsu キックオフ&アイデア提案イベント

開催日時・場所 2017/8/26 10時00分~17時00分 場所:しがぎんホール
主催・共催・後援など 主催:大津市
共催:滋賀大学データサイエンス学部、滋賀銀行、 Code for Shiga/Biwako 、UDC2017実行委員会
協力:大津商工会議所、株式会社まちづくり大津
後援:びわこビジターズビューロー、オープンガバメント推進協議会
参加者数(スタッフ込み) 33名
当日の様子(活動の流れ) ■キックオフイベントとして、講演及び市長ミーティングを行いました。
 イントロダクション:UDCについて(UDC2017実行委員会事務局東修作氏)
 講演①:データが切り拓く未来(滋賀大学データサイエンス学部 高田聖治教授)
 講演②:オープンデータの取り組みと方向性(大津市CIO補佐官 木下克己)
 講演③:ICT活用による地方創生(滋賀銀行執行役員システム部長 中島浩之氏)
 市長ミーティング(テーマ:ジュネーブ構想及び宿場町構想)
(昼休憩)
■アイデア提案イベントとして、参加者にジュネーブ構想及び宿場町構想を基礎に、
 大津駅前を盛り上げるアイデアをグループワークにて考えていただきました。
■各グループよりまとまったアイデアを発表
■講評 (滋賀銀行執行役員システム部長 中島浩之氏)
(終了)
活動記録・成果掲載ページURL http://www.city.otsu.lg.jp/shisei/tokei/open/udc/1505350686086.html
当日の様子
当日の様子
Pocket