【香川ブロック】公共交通データ利活用セミナー

開催日時・場所 2017/10/07 e-とぴあ・かがわ BBスクエア
主催・共催・後援など 主催:Code for Sanuki
後援:高松市
共催:情報通信交流館 e-トピア・かがわ , UDC2017実行委員会
参加者数(スタッフ込み) 54名(内スタッフ・講師、5名)
当日の様子(活動の流れ) ■第1部:基調講演『ITx公共交通のこれから』
 講師/伊藤昌毅氏(東京大学生産技術研究所)
先進地の事例を紹介とデータのビジュアライズで見えてくる課題などを紹介、地元私鉄のコトデンのデータを使って動態を可視化するデモを披露した。

■第2部:市民参加型のデータ作成のススメ
 登壇者/英 誠一朗(Code for Sanuki) Code for Sanukiの紹介からCivic Techの理念を解説。地域でICTに詳しい人たちが組織する「情報団」を提案した。

■第3部:ワークショップ  参加者を「交通事業者」、「自治体関係」、「一般企業」、「学生」が均一に混じったチームを作り、チーム別にワークを行い、チーム別に発表を頂いた。 ワークは「交通事業者が提供できるデータと交通事業者以外の人たちが提供してほしいデータの抽出」
活動記録・成果掲載ページURL 活動記録
写真
当日の様子
当日の様子
Pocket